活動報告

徳島県西部I保健医療圏:地域医療を支える総合診療医を育てるシンポジウム(平成24年度「指導医養成プログラム事業」) (2013年4月19日)

開  催  日:平成25年3月16日(土)

開催場所:つるぎ町立半田病院

講   師:三瀬 純一 先生(自治医科大学 地域医療学センター 地域医療人材

       育成部門 准教授

参加人数:72名

       半田病院職員:48名(医師12名、放射線技師3名、理学療法士1名、

                 管理栄養士1名、臨床工学技士1名、看護師12名、MSW2名、

                 事務職員16名)

       職員外:24名(一般参加者2名、医師9名、看護師・保険師10名、医学生2名、

            学識経験者(半田病院の経営アドバイザー1名))

 

開会:主催者挨拶 つるぎ町立半田病院事業管理者 沖津 修

    共催者挨拶 徳島県地域医療支援センター 副センター長 谷 憲治

Ⅰ.研修プログラム紹介 つるぎ町立半田病院 副院長 須藤泰史

  プログラムが必要な背景 : 帰学率について・プログラムの期待される効果 等。

  半田病院での研修プログラム(A.四国・美馬 総合診療医育成プログラム、

 B.にし阿波3病院連携総合医・専門医養成プログラム(案))についての解説。

  病院職員における医師確保に対しての意識改革の必要性について。

Ⅱ.体験報告

  徳島大学 医学部医学科3年生 川人 圭祐 : 半田病院での体験実習について

  徳島大学 医学部医学科5年生 松永 直樹 : 西部保健医療圏Iでの実習体験報告。

Ⅲ.講演「地域医療の実践、また、そのキャリア形成に関して」

  自治医科大学 地域医療学センター 地域医療人材育成部門 准教授 三瀬順一

  どんな医師が求められているか? : 専門医・総合医・総合診療医・家庭医 等

  地域医療を担う医師の養成とキャリア形成 : 医学生・臨床研修制度・後期研修・

 専門医制度・生涯教育・医局制度 等

  地域医療を支えるのは誰か? : 医師、スタッフ、行政、住民、大学 等

Ⅳ.討論「地域医療を支える総合診療医の形成に向けて」

  座長 沖津 修

  シンポジスト : 上記発言者【谷・須藤・川人・松永・三瀬】、谷田一久【(株)ホスピタル

             マネジメント研究所 代表取締役:当院の経営アドバイザー】

  これまでの発表に関しての討論。フロアーの参加者・演者間でも活発な意見交換。

 

 半田病院職員や、近隣の医療施設の職員において、総合診療医をどのように育て、どのように確保していくか、そして、その必要性についての理解が深まりました。過疎地域において、共通の悩みであるこのような問題で、お互いの病院の交流を図ることにも貢献しました。(徳島県西部以外の徳島県南エリア、香川県南部エリアの医師も参加しての討議になりました。)

 医学生の生の意見を聴くことで、今後の医学生実習を受け入れることにおいての心構えやどういうことを指導し、体験してもらうべきか等の方向性が見えました。

 現在、専門医制度の移行期間中であり、総合診療医という第19番目の専門医とされるものがどのように考えられ研修制度が組まれようとしているのか、また、総合診療医を育てるすべ等について、日本の最前線におられる専門医師の意見を拝聴し、最新の知識と将来の傾向が分かりました。













令和元年度

平成30年度

平成29年度

平成28年度

平成27年度

平成26年度

平成25年度

平成24年度

平成23年度