活動報告

Evidence Based Medicineのための「原著論文の批判的吟味」ワークショップ (2017年9月3日)

日時:平成29年9月3日(日) 13:00-16:30

場所:徳島大学蔵本キャンパス 附属図書館蔵本分館

講師:南郷 栄秀先生 (東京北医療センター総合診療科 医長

対象者:徳島県内の地域医療に従事する医師及び医療関係者など

主催:徳島県地域医療支援センター

共催:徳島大学附属図書館 蔵本分館

     徳島大学大学院医歯薬学研究部医療

          教育開発センター

          徳島大学病院キャリア形成支援センター

       

 

 

【実施概要】

東京北医療センター総合診療科医長の南郷 栄秀講師及び4名のチューターの先生をお招きし,グループによるワークショップを開催した。

始めに,目の前の患者に対する疑問をわかりやすい形に整理する「疑問の定式化」(PICO形式による整理と、その内容に応じたカテゴリー分類),続く手順である「情報収集」(特に,その中の有力な方法であるランダム化比較試験)について説明があった。

それをふまえて,課題のシナリオについて検討を行った。

内容は以下のとおり。

・シナリオに登場する患者に対して、課題等をPICO形式で整理する。

・この患者に対してある治療が有効であるか,それについて記載された原著論文に対する批判的吟味をグループに分かれて検討する。

・グループごとに検討結果を発表する。

 

 

【成  果】

参加者にとっては,Evidence Based Medicineの実践手順と,その中での原著論文の批判的吟味の方法について学習する良い機会となった。

参加者へのアンケートでも,このワークショップで必要な知識が得られたという回答が9割を占めており,また,得られた内容に「EBMの内容」「論文の読み方(活用法)」が挙げられていることから,このワークショップで期待した内容が学習されたことが伺える。

このワークショップ開催により,地域医療を担う学生や医師の質の向上を支援することができた。





令和元年度

平成30年度

平成29年度

平成28年度

平成27年度

平成26年度

平成25年度

平成24年度

平成23年度